長野県長野市七瀬南部に開業したコーヒー豆自家焙煎店「ジオグラフィー」の店主が、開業準備からコーヒーのマメ知識、移住生活までいろいろとつづっています。

<< 2020年1月からの定休日と価格の変更に関するお知らせ | main | 2020年は明日から営業です >>
「いつもより余計に回しております」
クリスマスも終わり、今日が仕事納めという方もいるかと思います。しかし店主はあまり年末という感じはせず、とはいえいつもより増えた焙煎を忙しくこなしています。

という意味で、焙煎機を「いつもより余計に回しております」ということになるのですが、この言葉をテレビで聞いた覚えはないでしょうか?

▼焙煎機のドラム部分。この中に円筒形のシリンダーが入っており、その中で生豆が焙煎されます。
先日、焙煎をしながら、焙煎機の中が見える小窓(サイトグラス)から豆が踊っている様子を見ていました。焙煎機の中には円筒形のシリンダーがあり、その中に生豆を入れ、シリンダーが回転しているので豆が踊っているように見えます。

▼豆が踊っているかのよう。画像が動いていない場合は、画像をクリックしてgif動画をご覧ください(音は出ません)。


その時に突然頭に浮かんだのが、この「いつもより余計に回しております」という言葉でした。

これは、あまり若い方は知らないかもしれませんが、曲芸師のコンビ「海老一染之助・染太郎」のかけ声です。

いろいろな芸があったのですが、中でも番傘の上にボールや金属の輪、時にはミカンや急須も乗せて回す芸があり、くるくると回る傘の上で物が見事に回っている時に、どうだといった感じで盛り上げるように発せられるのがこの言葉でした。

かつては正月と言えば染之助・染太郎さんがあちこちの番組に出ていたことを思い出しました。お二人ともすでに亡くなっていて実際にこの芸を見ることはできませんが、YouTubeに結構若い頃の動画が残っていました。
https://www.youtube.com/watch?v=O6dZFheWeUw

年末感はなかった店主ですが、心の奥にあった正月感が焙煎機で引き出され、このYouTubeの動画で懐かしい昔の正月を思い出しました。
| 日々のあれこれ | 13:42 | comments(0) | - |









CALENDER
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENT
PROFILE
OTHERS
↑TOP