長野県長野市七瀬南部に開業したコーヒー豆自家焙煎店「ジオグラフィー」の店主が、開業準備からコーヒーのマメ知識、移住生活までいろいろとつづっています。

<< ベトナム「ダラット イエローブルボン」(中深煎り)発売! | main | ネットショップができました >>
コーヒー豆容器などご持参でコーヒー豆袋代20円割り引きいたします
1月下旬なのに暖かな日が続きます。

昨日は仕事が遅くなり、店を出た時には24時を過ぎていましたが、雪ではなく雨が降っていました。

昨日は徒歩通勤だったので、傘を差しながら歩いて帰ったのですが、そんな真夜中でも暖かく、傘をさす手も手袋は不要でした。その時通りがかった長野市役所近くの温度計の表示は8度。その数字はまるで、冬将軍のやる気のなさを表す指数のように思えました。

さてタイトルの件ですが、?という方もいらっしゃるかもしれませんが、つまりはテイクアウトコーヒーで行っている紙カップの代わりにマイボトルを使用するということのコーヒー豆/粉版です。

当店のお客さんで容器を持ってくる方もおり、その際にはお買い上げいただいたコーヒー豆/粉はその容器にお入れします。そうすると豆袋の資源節約になります。今回は、その使わなかった豆袋のコスト分1枚20円をお会計金額から割り引きさせていただくことにしたというお知らせです。

▼昨日お持ちいただいたコーヒー豆を入れる缶。写真では分かりにくいのですが、お子さんにだいぶいじられたとのことで結構でこぼこになっていました。
現在当店では、100g用、200g用、300g用、500g用の4種類の豆袋を使用しています。しかしコーヒー豆を購入後、ご自宅では容器に移し替えて豆袋はそのままゴミ箱へという方も少なくないのではないでしょうか。

もちろん、購入した時の豆袋を輪ゴムで口を閉じたりしてそのまま使って保管する方、容器は使うものの豆は直接容器に入れずに豆袋ごと入れて保管したりする方もいらっしゃるかと思います。

いろいろな保管方法があるとは思いますが、豆袋が不要な場合は、何かコーヒー豆を入れて持ち帰れる物をお持ちいただければと思います。

一度ぜひご利用してみてください。

▼当店の前に置いてあるのぼり。今朝撮った写真です。昨日昼間はすごい風が吹いており、こののぼりも倒れてしまいました。そのため少し位置を変え、ポールの長さも短くしたら何とか持ちこたえてくれました。強風、季節外れの高い気温と雨。昨日は本当に変な天気でした。
| お知らせ | 23:19 | comments(0) | - |









CALENDER
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENT
PROFILE
OTHERS
↑TOP