長野県長野市七瀬南部に開業したコーヒー豆自家焙煎店「ジオグラフィー」の店主が、開業準備からコーヒーのマメ知識、移住生活までいろいろとつづっています。

<< もうすぐバレンタインですね | main | 婚姻届について(店主のではありません) >>
第17回長野灯明まつりボランティアに参加してきました
一昨年に続き、善光寺からその参道である中央通りにかけて行われた長野灯明まつりのボランティアに参加してきました。
https://www.nagano-toumyou.com

一昨年は、つまり2018年ですが、1月下旬に移住したばかりでしたが、2017年に長野市に移住の下調べに来た時に灯明まつりのボランティア活動を目にしていたこともあり、早速やってみようと思いました。

一昨年はまだ開業前で時間の融通がきいたため、ボランティアには4回参加しました。昨年はすでに店を始めていて時間がとれず不参加。そして今年は店休日の2月10日(月)に1回参加できました。

ボランティアは、高校生や専門学校生、企業からの参加が多く、私のような個人参加は少ない気がしました。

▼これは、灯明まつり最終日の翌日(2月12日)に撮った善光寺交差点のあたりです。いつもの静かな門前の夜に戻っていました。
灯明まつりは、期間中(2月6日〜2月11日)は18時から21時まで(最終日は20時まで)行われています。

ボランティアは、開催時間中だけでなく、その前後にも作業があります。開始前に灯り絵で飾られた灯明を並べ、終了時間の21時とともに、今度は灯明を片付けます。今年は善光寺大門と善光寺交差点の間のみ車両通行止めとなり、その間に灯明を並べました。

▼設置完了は17時半ごろで灯明まつり開始前ですが、すでに多くの方が来ています。灯明は坂になっている所に置くため、水平になるよう下に台を置いています。


一昨年は、灯明はトラックに積んで運ばれてきましたが、今年は近くに保管場所が設けられ、そこから手で運びました。

灯明はコンテストの受賞の種類、スポンサーの灯明など、その配置が決まっているので指示された通りに並べ、中に入っているLEDライトを点灯して設置完了となります。

設置後はそれぞれの担当(案内、福引き、福引き券販売、謎解きゲーム受付など)に分かれて業務をこなすため、ボランティアは決められた自分の持ち場へ移動しました。私は今回はトイーゴ前のテントで、「復興ゆめ福引き」の当日券を販売しました。

今年の福引きは、売上の一部が昨年の台風19号被害からの復興のために使われることから「復興」がついています。1回福引きができる福引き券は1枚100円。1等賞が海外旅行、その他人気のゲーム機や某夢の国のテーマパークのチケットなども当たるため、子どもから大人まで結構盛り上がっていました。

福引き券の販売はテントの中ではありますが屋外です。そして特に体を動かすこともないので徐々に寒さを感じてきましたが、一昨年に比べれば気温も高く暖かいと思いました。

しかし今年は靴(普通のスニーカー)の中敷きを断熱の物に替えてくるのを忘れたのが痛かったです。寒さが足の裏から伝わって体を冷やしていったような感覚でした。福引き券販売は2時間半ほどでしたが、最後は足の裏の感覚がなくなるほどでした。足の裏というちょっとした部分ですが、対応を忘れてしまって痛い思いをする。思わず「耳なし芳一」が頭に浮かびました。

雪ですが、降ったりやんだりしていましたが、結構強く降ることもありました。20時半に福引き券販売のテントを離れて善光寺大門の交差点に戻る時も降っていました。

今度は灯明の片付けですが、戻ってみると灯明の上には湿った雪が積もっていたため、まずは屋根の雪下ろしから始めました。

▼湿った雪は屋根の部分(木製)にくっついて手で払っても残ってしまうので、ブラシやほうきを使って落としました。


▼終了時間まで10分ほどとなりましたが、まだ多くの方が名残惜しそうに見学しています。


この雪下ろし中に段々と雪が強くなってきて、再び屋根に積もり始めました。道路にも雪が積もり始めましたが、21時になって片付けの時間となりました。足元に気をつけながら灯明を運びます。そしてその後、灯明を置いていた台を片付けます。

▼灯明撤去がほぼ終わり、台のみ残った状態。雪が強く、灯明を片付けた台の上にすぐに雪が積もりました。


▼そして作業がすべて終わったのが21時40分ごろ。帰るころには湿った雪ですがすっかり雪景色となりました。信号が善光寺交差点。その先すぐに善光寺仁王門。


一昨年に比べると参加日数は少なかったのですが、地元の好きなイベントの手伝いができて良かったです。身の引き締まる寒い中でも、灯明の柔らかな灯りと製作者の思いがにじむ灯り絵を眺めていると、なんとなく温かさが感じられます。

ボランティアは不足気味とのことなので、このブログを読んで関心を持った方は、ぜひ来年参加してみてはいかがでしょうか。

▼今年のゆめ灯り絵コンテスト一般部門最優秀賞「長野県の冬」。2月9日に撮影した1枚です。緻密なデザインはもんちろんですが、切り抜く技術と根気のたまもののような気がします。
| 街なかのあれこれ | 17:19 | comments(0) | - |









CALENDER
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENT
PROFILE
OTHERS
↑TOP