長野県長野市七瀬南部に開業したコーヒー豆自家焙煎店「ジオグラフィー」の店主が、開業準備からコーヒーのマメ知識、移住生活までいろいろとつづっています。

<< 第17回長野灯明まつりボランティアに参加してきました | main | コーヒー豆袋割引:リユース可能な袋もご用意しました >>
婚姻届について(店主のではありません)
まだ一応冬の2月下旬ですが、今日は暖かく長野県北部と中部にはなだれ注意報が出ています。この先どのくらい暖かい日が続くのか、そしてスキー場にはどのくらい雪が残ってくれるのか気がかりなところです。スキーを楽しみに移住してきた店主ですが、なかなか時間がとれずまだ初滑りに行けておりません(涙)

ところで本日は2月22日。今日がネコの日って知っていましたか?

私は特に日付とか記念日にこだわりはなく、ニャンニャンニャンと読めるのでネコの日だ、とラジオで言っていたのを聞いて、へぇーと思ったくらいです。

しかし友人から、今日長野市役所に婚姻届を出すと聞いて少し日付について考えてしまいました。

今日は令和2年2月22日。なぜ今日なのかと考えたのですが、ネコ好きと聞いたこともなく、やはり年号から2並びの日で縁起が良さそうだからかな、あるいは、覚えやすいので後々「結婚記念日忘れたの?」とかいう夫婦間のトラブルになりにくいとか、または02月22日で「お似合い夫婦」とも読めるから、などとも考えました。

もちろん、本人に確認していないので、全然別の理由かもしれませんが、ちょっと気づいたのはこの2という数字。2人が結ばれてそろって歩き始める日としては、やはり2並びの日はふさわしいのかなとも思いました。

ちょっと前の昨年の話になりますが、12月24日の真夜中、ちょうど日付が変わって25日になるころの出来事です。

仕事が遅くなって帰宅途中に長野市役所の横を通りかかったところ、写真にある夜間休日受付の入口あたりをスマホで撮っているカップルがいました。そして彼らは写真を撮った後に市役所に入っていきました。

▼長野市役所の夜間休日受付の入口は、昭和通りと反対の第2庁舎側になります。

私はその現場を自転車で通り過ぎただけですが、こんな夜中にあんなところを写真に撮って何しているんだろうと思いました。しかしふと、もしかしてクリスマスだから婚姻届を出しに来たのではないか、と考えました。

後日当店のお客さんにその話をしたところ、その方もきっとそうだと同じ見方でした。令和元年のクリスマスだから特別な日だ、というのがそのお客さんの見立てでした。

婚姻届提出は、単に書類上の話かもしれませんが、やはり2人で歩んでいくことを公的に宣言した日として心と記憶に刻まれます。どの日を選んでも、その2人にとっての特別な日であり続けます(現実は、特別感が段々と薄れていく方々もおりますが・・・)。

さてその友人ですが、2人とも長野県を選んで移住してきた移住者同士です。長野県に移住しなかったら出会わなかったであろう2人です。

2月22日は、いろいろな縁や過程があって巡ってきた記念すべき1日なんだなと、同じ移住者のひとりとして感慨深いものがあります。

本人たちが今日を婚姻届提出日として選んだ理由も確認せず、店主が勝手にあれこれ想像して書いておりますが、とにかく2人が選んで移住して出会ったこの新しい土地で、末永く幸せに暮らしていくことを願っております。おめでとう!
| 移住関連 | 14:01 | comments(0) | - |









CALENDER
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENT
PROFILE
OTHERS
↑TOP