長野県長野市七瀬南部に開業したコーヒー豆自家焙煎店「ジオグラフィー」の店主が、開業準備からコーヒーのマメ知識、移住生活までいろいろとつづっています。

<< 郵便局にジオグラフィーのショップポストカード置いています | main | コーヒー(の木)マニアの方必見、アラビカ種に関する資料 >>
手抜き看板?
いいえ、そうではありません。これまでは、歩行者や自転車に向けた文字の大きさと内容で書いていましたが、今回は店の前を通る自動車からも見え、店の存在に気づいてもらえるようにと文字をできるだけ大きく書きました。下の画像をクリックして見てみてください。

以前ブログに書いたかもしれませんが、店の前の道路を走ってきた自動車から正面に見える看板は、当店ではこのA型看板しかありません。何も知らない自動車が当店に気づくのは、店の前を通りかかってウインドー上にある看板を見た時になります(しかも脇見をすることになる)。

南部ビルに入っているテナントの看板は、駐車場の入口横にある大きなボードに貼ってあり、これは道路を走る自動車にもよく分かりますが、それらは昔のまま更新されておらず・・・。ジオグラフィーの看板はつけるからと管理会社から言われて半年・・・12月中旬には設置予定だったのが、まだ古いままです。

そして先日、2つの出来事があり、今回のようにA型看板を書き換えることを決めました。

一つ目は、初めて来店されたお客さんの話。通勤で毎日当店の前を自動車で通る方ですが、これまで当店には気づかなかったと言います。たまたま車が修理のため徒歩通勤したところ、当店を発見。「徒歩通勤もいいことがありますね」と言われました。

二つ目は、先週木曜日、ランチを2件隣(同じ南部ビル)のスパゲッティリアHARUさんで食べていた時の出来事。お店の方が急に私を指して「ジオグラフィーさん」というので何かと思ったら、コーヒー生豆を運んできた運送屋さんがそこにいました。当店の場所が分からない運送屋さんがHARUさんに聞きに来たちょうどその時、私がランチを食べていたのでした。

普段荷物を運んでくれるヤマト運輸さんや佐川急便さんであれば問題なかったのですが、この生豆は倉庫から直送で、運んできたのが県外の運送屋さんでした。さらには、この日は定休日で店の前にA型看板が出ていなかったこともあってよけい分かりにくかったのでしょう。

それにしても気づきにくいのだなと感じ、できるだけ大きな文字で最低限の情報のみ載せたのが今回のA型看板です。でも写真を見ると、やっぱりお隣のnatureさんの方が目立つ・・・。

それでも以前よりは、走行中の自動車からも見やすくなったのではないかと思うのですが。

▼飯綱方面(中腰で撮影、このくらいが自動車の視点?)


▼菅平方面(しゃがんで撮影)


| 日々のあれこれ | 14:04 | comments(0) | - |









CALENDER
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRYS
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENT
PROFILE
OTHERS
↑TOP