長野県長野市七瀬南部に開業したコーヒー豆自家焙煎店「ジオグラフィー」の店主が、開業準備からコーヒーのマメ知識、移住生活までいろいろとつづっています。

<< コーヒーの木のつぼみ、その後 | main | 有機栽培コーヒー販売の条件とは >>
コーヒーの木を植え替えました
まだ蒸し蒸しするものの、ここ数日間の雨でだいぶ涼しくなりました。

時々すさまじい雨が降り、雷が鳴り、長野市も場所によっては災害の注意報が出ていました。

そんな中、先日のブログ「コーヒーの木のつぼみ、その後」に書きましたが、つぼみの開花のためにこの雨に望みを託し、当店の一番大きなコーヒーの木を数日間軒下から出して雨に当てました。

▼雨粒と雨垂れが容赦なく打ち付けます。


しかし数日を経てもつぼみの大きさは相変わらずで、堅く閉じたままです。花が咲きそうな気配はありません。今年は咲かずに終わってしまうのでしょうか。

一方、小さい4本の木ですが、季節的にもう最後のチャンスと、店休日の昨日夕方、蚊にあちこち刺されながら植え替えを行いました。4本とも鉢から出してみると根がぎっしりで、これではこれ以上大きくなりそうもないだろうことがよく分かりました。

▼植え替えビフォー(上)&アフター(下)です。撮っている角度が違うので鉢がずいぶん大きく見えますが、6.5号から8号の植木鉢に植え替えました。


この中の一番小さい木(右から2番目)ですが、鉢から出してみると他の3本に比べて根の張り方が弱く、根についている土もほぐす前にぼろぼろと落ちてきました。やはり木と根の成長は比例しているようですね。

成長する暖かな気候はあと2カ月ほど。その間につぼみが開くのかどうか、そして一番小さな木がどのくらい他の木に追いつけるのか、目下の関心事です。
| 日本産コーヒー豆 | 13:04 | comments(0) | - |









CALENDER
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRYS
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENT
PROFILE
OTHERS
↑TOP