長野県長野市七瀬南部に開業したコーヒー豆自家焙煎店「ジオグラフィー」の店主が、開業準備からコーヒーのマメ知識、移住生活までいろいろとつづっています。

<< ステンレスボウル魚眼で撮った「創業仲間の手仕事展」 | main | 台風から一夜明けて >>
コーヒーの木で感じる秋
昨日の朝は冷えましたね。長野地方気象台によると、最低気温は朝5時21分に記録した8.0度でした。

冷え込むとの予報があったので、水曜日の閉店時にコーヒーの木たちは店内に入れておきました。

コーヒーの木は、基本的に熱帯や亜熱帯の植物です。さすがに10度くらいになると外に出しておくというわけにはいきません。

コーヒーの木を店内に入れてみると、思ったより手狭な感じがしました。今は「創業仲間の手仕事展」開催中で物がいろいろと展示されているのですが、それだけではありません。やはりこの夏の成長で、上だけでなく横にも広がって、コーヒーの木が大きくなったということでしょう。

これから最低気温が下がるにつれ、夜は店内に入れる日が増えていきます。そして11月には、外には出さずに昼間も店内に入れっぱなしになっていきます。そしてこの木たちも、2回目の長野の冬を迎えます。

▼店内にはアンスリウムもいます。最近また色づいた葉が新しく開きました。この花はずっと店内に入れています。
| 日本産コーヒー豆 | 15:14 | comments(0) | - |









CALENDER
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRYS
CATEGORIES
ARCHIVES
COMMENT
PROFILE
OTHERS
↑TOP